FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピーバースデー一日遅れ!

6月22日は陽介の誕生日でした。
ゲーム中が2011年だったのでリアル16歳な陽介ハアハア!
本当はショタスクに誕生日本を出したかったのですがお仕事の都合で
間に合わずに断念しました。orz

のでイラストだけでも・・・!!




SSつきです。
↓こちらからどうぞ!↓
去年のこの日を俺は何も知らずに過ごした。


情報収集とりせ見たさ出向いた丸久豆腐屋で俺が勧めたがんもと
りせがくれた豆腐をうれしそうに持ち帰ったわけを知るのはもう少しあとだった。

すべて消化して、俺を受け入れてくれたお前から
「その日」を聞けたのは夏本番になってからで、
幼少期から留守にしがちだった両親に祝ってもらう事といえば
申し訳程度のショートケーキと書置きの「おめでとう」が普通だった。
だからいままで他人の、自分のすら頓着しなかったのに、お
前の誕生日に「おめでとう」といえなかったことをそのときばかりは
本当に寂しいと持ったんだ―――。



そして俺は数日前から悩んでいた。
お前は何ををしたらよろこんでくれる?
何を言えば笑ってくれる?

好きなバンドのDVD、
AVI○EXのライダーブーツにレザーウォレット、
SOUL FETISHのシルバーアクセに
手作り弁当、
ビフテキコロッケ
おっとっと(潜水艦)
ets...

堂々巡りに心が折れかけた頃、たまたま話すことが出来た
菜々子との電話で情けなく愚痴ると嬉しそうな声で答えを教えてくれた。

「あのね、自分がしてもらっていちばんうれしい事をしてあげればいいんだよ!」

すとんと腑に落ちる。
大事なことを教えてくれた菜々子にお礼を言うと
恥ずかしそうに、でも弾んだ声でどういたしまして、と返されて
思わずほほが緩んだ。




大事なのは物じゃない、言葉だけでもない。

陽介が俺と同じ気持ちでいてくれるから
そう信じられるから。

――だったらプレゼントは最初から決まっていたんだ。













※主人公は本気です。



2012年6月22日(金)
花村宅に届いた巨大なプレゼントが喜ばれることはなかった―――。



==========================
えー・・・なんというか
ごめんなさい。orz
追記(訂正)
2011年6月22日じゃなく2012年6月22日のお話でした!

たんじょーび!
花村陽介くん
お誕生日おめでとう!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

珍獣ひばきち

Author:珍獣ひばきち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。